logo
Home

M2 ドライバー 2016 重心距離

0mm: M1は低スピンで飛距離を伸ばしながら、調整機能で自分好みのヘッドに仕上げられ、M2は高弾道と低スピンで打てるスイートエリアが広い. 前回は、ヘッドの大きなドライバーを選ぶにあたって、重心位置がどれだけ大切かをクラブデザイナーの松尾好員さんがレクチャーしてくれました。今回はその2回目。クラフトマン兼試打のスペシャリスト・小倉勇人さんが「芯を外しても飛ぶ」と外ブラ3モデルのドライバーを重心視点で試打. m2ドライバー()は、アスリート向けドライバーです。 一言で表現すれば、フック系ミスを減らして飛ばせるドライバーです。 ヘッドスピードが速くて、スイングでボールを捉まえられるゴルファー向けのドライバーです。. 25mm深いですね、重心距離も長く感じるんだけどなぁ・・ヘッドの特性としては、 M1 のがコントロールしやすい、 M2 のが安定してオートマチックと言えるでしょう。. 0mm: 重心高さ: 34. 普通 m2ドライバーに比べてトラディショナルなデザインは逆に新鮮。 飛距離 rbz25w(18. 7番アイアンの飛距離性能データ m2 ドライバー 2016 重心距離 ドライバーのヘッドスピード40~43で 約160~175ヤード (2)「m2 アイアン 年モデル」の特徴.

試打クラブは テーラーメイド m2 ドライバー です。 シャフトは TM1-216 です。 ロフトは9.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は52g、トルクは4.5、バランスはD3.5、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は297gです。. テーラーメイド M2ドライバーとSLDRドライバーを飛距離測定器スカイトラックを使って比較してみました。元祖前重心ぶっ飛びドライバーSLDRは最新モデルのM2と比較してどんな結果になるのか?また飛距離だけではなく使いやすさについても評価してみました。. 初代m2と二代目の差は、構えてみたら二代目のがヘッドが大きく見えます。 二代目m2は重心距離と深度が同じなので、かなりニュートラルなヘッド特性ではないかなぁ。と思っています。 m2のモデルチェンジにおける進化は飛距離よりも、寛容性にあるのかな?. 4mm ネック軸回りMI:7752gcm2 【D】球筋を操りたいが、高さもほしいならココ.

今回は、「重心距離長め」×「重心角大きい」製品を中心に、さまざまな特徴をもつお買い得な人気ドライバーを集めました。初心者アマゴルファーさんの、ドライバー選びの参考材料にしていただければと思います。 シニア初心者の方におすすめのヘッド. ・M2()以降にはD-typeシリーズがあるが、重心距離はほぼ38mmのまま ・M3/M4以降の重心距離はかなり長い ・M3 440、M5 TOURは小型ヘッドだが、重心距離は460ccのモデルと大差がない ・Original OneはR15 430、SLDR 430 TPと同程度に重心距離が短い(275ccなんだから当たり前か). 年02月05日(金) 年飛ぶドライバー • テーラーメイドm2ドライバー • 曲がらないドライバー • 重心距離が短いドライバー • 高弾道で飛ぶドライバー.

重心距離の短いドライバーの中で世界的な人気モデルと言えば、テーラーメイドの年モデル初代『m2』です。 後継モデルは重心距離を長くしましたが、初代M2は36.6mmと誰が見ても短いと感じられるドライバーです。. 高弾道・低スピンで大きな飛距離を提供するMシリーズに、大きなスイートエリアによる寛容性をあわせ持ったドライバー。 グラファイト・コンポジット・クラウンの採用と進化したウルトラ・ロー・シージー設計により、飛距離と寛容性を両立。 M2専用貫通型スピードポケット搭載で、安定し. 1㎜(低い)重心角:25度moi(左右慣性モーメント):4197(ミスヒットに強い)m1ドライバーと比較すると.

<テーラーメイド「m2」ドライバー> kaz’sインプレッション(10点満点) 飛距離:9 上がりやすさ:10 操作性:7 構えやすさ:10 打感の柔らかさ:7 ミスの許容度:10 ヘッド:ボディ&フェース=6-4チタン、クラウン=グラファイト・コンポジット. ドライバーの重心距離によって弾道はどう変わるのか分かりやすく動画で解説。 最新ドライバーの重心距離の設計を詳しく解説します。 まとめ. 7mm m2 ドライバー 2016 重心距離 重心深度:42.

それでは、試打に移ろう。まずは「M1」から。ツアープロがこぞって使うだけあって、中弾道の重い球で飛んで行く。打感はカーボンコンポジットながら、弾き感のある澄んだ音も残っている。そして感じるのは、かなりの低重心。フェースの下目で打っても、ボールが吹き上がることがないのは魅力的。 コースでコンスタントに飛距離を稼げるドライバーだろう。逆に、一般的に飛ぶと言われるフェースの上部に当たると、飛距離が伸びる感じはなく、打感もすぐれない。「M1」は、フェース面センターからやや下で打つぐらいの感覚でちょうどいいかもしれない。 次は「M2」。打った瞬間「なんだこの低スピンボールは!」という印象を受けた。「M1」に輪をかけて重い球だ。「M1」同様、フェースセンターからやや下目で打つと、打感も飛距離も損なわず、良いパフォーマンスを発揮してくれる。弾道はやや高く、いわゆるでっかい球で飛んで行く。初速は「M1」には劣るが、球の重さは「M2」に軍配が挙がった。そして、その重い球が先に行ってもなかなか落ちずに伸びていく。 低スピンながらドロップしない。このあたりは、上手いところに重心位置を設定できていることが感じられる。飛距離的には「M1」よりも上を行っているし、少々芯を外しても直進性が高い点は、特筆に値する。唯一、注意すべき点があるとすれば、重心距離が長いためか、ボールはつかまりにくい。スライスに悩むゴルファーは、扱いにくさを感じるかもしれない。ただ、裏を返せばどんなに引っ叩いても、左が怖くないドライバーとも言える。ちなみに、打感は「M1」よりもソフトな印象。 「M1」は多少操作感があるが、「M2」はとにかく“真っすぐ、遠くへ”を追求しているのがわかる。フェースの開閉をあまり使わないで、ボールをシンプルに遠くへ運びたい、そう考えるゴルファーに、「M2」はうってつけ。このオートマチックさは、テーラーメイドの「バーナー」と非常に近いものを感じる。年の初代バーナーのようなヒットをもたらすか、楽しみな1本に違いない!. おすすめの「飛ぶドライバー」ランキング ()モデル! 飛ぶ(飛距離性能が高い)ドライバー()モデルをランキング形式でご紹介します。 ドライバーはスイングタイプにより「合う・合わない」という結果が大きく出てしまうクラブです。. 『m1 ドライバー』では、余剰重量をt トラック・システムに採用したのに対し、『m2 ドライバー』では、余剰重量を ヘッドの低い位置に配置することで、フェース面上の重心を下げ、飛距離性能とヘッドの寛容性を高めました。. 日本製m2ドライバーのシャフトを装着した m2 d-type ドライバーです。usモデルに装着されているシャフトは硬くて重いので日本製のシャフトにリシャフトされていることもあります。tm1-217 というシャフトが、日本製のm2ドライバーに装着されていたシャフト. See full list on golfdigest-minna. ・重心距離 約38mm ・重心深度 約37mm やはり深度が2. m2 ドライバー 2016 重心距離 「新『m2』は重心距離がすごく長くなった。 これは米国に『M2 TYPE-D』があるからだろうね。 ボクも出たばかりですぐに購入したのはつかまる『M2. 4g: 重心距離: 37.

「dタイプ」の存在は知っていたけど「m4 ドライバー」が最高だったので、眼中になかった。でも、人間の欲というのは恐ろしいもので、100点満点のドライバーを所有すると「dタイプは、もしかしたら120点のドライバーかもしれない、、」って思ったのです。. ちなみに、m2ドライバーの方は、今回取り上げている年モデル以外に、前年の年に発売されたm2ドライバー (初代)があります。 m2 ドライバー 2016 重心距離 タイトリストのようにM1、M2の数字は当初モデルの特性を表すものと思われましたが、年モデルで、M3、M4とカウント. 重心距離としては少し短めで、重心角は大きく、重心深度はやや長め。 この事から、捕まりがなかりいいヘッドと言えます。 M2ドライバー(17年モデル). 年モデルの m2 ドライバーが発売されて、年モデルのm2ドライバーは、マークダウンされましたので、中古市場では格安で購入することができるようになりました。. いかがだっただろうか。 今回はドライバーの重心距離と鉛について徹底的に解説した。. 7mm: 重心深度: 32.

Wir beraten Sie gerne und helfen Ihnen, Ihren passenden BMW M2 zu finden. 年モデルm2 vs m2 (テーラーメイド) 新旧のm2のヘッド性能設計を比較検証する ヘッドス性能ペックデータ ※( )内は平均値. まずは、構えたときの「顔」を見比べてみよう。 いずれも目に飛び込んでくるのは、フェース側の「白」とボディの「黒」が生み出す強いコントラスト。フェース面側の白が非常に強調されて、アドレスで集中しやすい。個人的には、全体が白よりこちらの方が構えやすいように感じた。この2本、全体的な形が良く似ている。よくよく見ると、カーボンの部分の色が「M1」のほうが濃く、「M2」は若干薄い。また、白い塗装の面積が「M1」よりも「M2」のほうが広い。その分、「M2」の方がやや大らかな印象を受ける。 2016 続いてフェース面。 フェース面は「M1」より「M2」のほうがやや長い。その分、重心距離が長くなっている。トウーヒールの打点のズレには強そうだ。この角度から見ても、形状は2モデルともよく似ている。 ルックスは似ているこの2本だが、重さは「M1」が312グラム、「M2」が296グラムと、16グラムの差がある。持ってみても、手に感じる重量には結構な差を感じる。このあたりも選ぶひとつの基準になりそうだ。.

年のPGAツアー終盤戦、今や“3強”の一角を占めるジェイソン・デイがドライバーをスイッチし、さらに飛距離を伸ばしたと話題になった。そのドライバーはテーラーメイド「M1」。クラウン部分にカーボンを使った「M1」は、圧倒的な低スピン弾道を生み出すと噂になり、また、ウェートの動きもトウ-ヒールだけではなく、前後にも動く仕組みになっている。 より自分に合った調整が可能になり、現在もバックオーダーを抱える人気ぶりだ。ちなみに「M1」の「M」はMulti Material(多様な素材)の頭文字からとったものらしい。グローレFの人気もあり、にわかに活気づいているテーラーメイドだが、今回早くも新たなモデルがラインナップに加わるようだ。それが「M2」ドライバー!. M2 460: ヘッド体積: 460: 460: ヘッド重量: 204. Auf der BMW Gebrauchtwagenbörse finden Sie den passenden BMW M2 Gebrauchtwagen. 5°)と比べて、飛距離は若干劣るが高さバランスは思ってた以上に満足。 打感 好みはありますが、他のコメント通り良くないです。. m2ドライバーの初代モデルは年に発売されています。翌年には同じm2ドライバーという名称で年モデルが発売されていますので、m2ドライバーは年代違いで2種類存在します。 写真左が年モデルで、右が初代の年モデルです。本記事では初代の年.